四国のかたすみで・・・

四国の城下町・宇和島から日々想うところを書き綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手作りシーカヤック・船体のパネル作り

‚2016年 7月8日(金曜日)
ƒクリックお願いします(^_^)v“日本ブログ村・地域生活ブログ・四国情報ランキング日本ブログ村 地域生活ブログ 四国情報へ クリックしてねm(__)m
手作りするシーカヤックは5M近い長さ。
それでホームセンターで仕入れたベニヤ板を
接着剤で繋いで長いパネルを作りました。

上の写真はベニヤ板を2枚重ねて、
ベニヤ板からパネルの板取りをしています。
代理店ロゴ3
舟は左右対称なんで2枚重ねにしています。
切り出したパネルを4枚重ねにて、
今度は板を繋ぐ接着面を削り出します。

下の写真はベニヤ板4枚重ね、
板の厚みの8倍の距離を離して
斜めにカンナで削り出しています。
2枚ずつを向かい合わせて接着剤で繋ぎます。

上の写真は接着剤で繋いでいるところです。
接着剤が固まる間に雨に降られないよう、
軒下で繋いで接着しています。

上の写真は接着して繋がったベニヤ板の断面です。
厚みの部分の色が濃い部分が接着面。
板を重ねて接着していないので、
全体の厚みは変わりません。

同じように舟の両サイドの内側に使う
船縁材の角材と上の写真のように斜めにカットし、
下の写真のように向かい合わせて接着。
5Mの細長い船縁材を作りました。

畳と同じ長さ、つまり1間、1818mm
これの3枚目を繋ぐ場合、軒下でも外に出てしまいます。
それで3枚目を繋ぐ時は室内のローカを使いました。

そうやって繋いだベニヤ板に正確に墨出し、
パネルを切り出している写真が上の写真です。
全体では下の写真、かなり長いです。

これで、一番上のデッキ以外の面の舟の
板材を切り出しました。
この後、いよいよシーカヤックの組み立てです。
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

@UmiwowataruKaze

Author:@UmiwowataruKaze
本名:竹内一孝
高知県出身で宇和島市在住。仕事は自動車保険、火災保険など損害保険の代理店をしています。最近の趣味はカヌーやカヤックを手作りしたり、サイクリングや山歩きをしています。

FC2カウンター

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

シーカヤック再乗艇練習in由良半島

2016年夏に手作りしたシーカヤックに、沈没した後、海上でシーカヤックに再び乗り込む練習をしている様子をビデオにしました。

初めての手作りシーカヤック制作全工程

2016年夏に初めて手作りしたシーカヤックの製作工程をまとめた動画です。

テニスのサーブ

何年か前にテニスのサーブ練習を撮影したものです。このブログの管理人のほけんやさんです。

場所は宇和島市祝森の石丸運動公園のテニスコートです。

トピックス

コマを掌上で回して綱渡り・・・

2014の1月に三女に撮影してもらいました。

リンク
最近のコメント
最近の記事
私の故郷、下ノ加江

「ほけんや」の生まれ育った土佐清水市下ノ加江の写真を、フォト・ストーリーにまとめました。

FXならここ!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。