四国のかたすみで・・・

四国の城下町・宇和島から日々想うところを書き綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シーカヤックの手作り・デッキの取り付け

‚2016年 8月 7日(日曜日)
ƒクリックお願いします(^_^)v“日本ブログ村・地域生活ブログ・四国情報ランキング日本ブログ村 地域生活ブログ 四国情報へ クリックしてねm(__)m
昨日土曜日は早朝にデッキの取り付けの準備をしました。
写真のようにデッキを挟む道具を作ってみました。

土曜日の午前中は伊予市で仕事をし、
その後に松山観光港に孫を迎えに行きました。
その日は宇和島に帰って来てからも、
晩の暗くなるまでシーカヤックを作りました。

今日の日曜日は、いつものように早朝から起きて、
昨日作ったパネルを挟む道具をもう一組作り、
前半分と後ろ半分のデッキパネルを裏返してセット。
デッキパネルの裏側も防水性と強度を高める為、
エポキシ樹脂を塗りました。
代理店ロゴ3
ここでエポキシ樹脂がもう殆ど無くなりました。
試しに買っていたコンクリート用のエポキシ樹脂を
デッキパネルと船体の接着に使ってみました。

色はグレーなんですが、隙間があるような部分を
埋めながらの接着に適しているようです。
これを買っていなければ万事休すでした。
デッキの裏側のエポキシ樹脂が固まらない間に
船体のフレームにも接着剤を塗り、

前と後ろのデッキパネルを載せ借り釘とかで固定し、
さらに真ん中にコックピットの穴を開けて、
上の写真のようにコックピットの縁材を取り付けました。

縁材を取り付ける事で違うカーブを描いていた
前と後ろのデッキパネルの1番狭い部分で繋ぎました。
ここまで朝の6時からお昼近くまで、
食事も休憩も取らず時間との戦いでした。
まだデッキパネルの端は1センチほど広め、
パネルの接着剤が固まれば、端を切り出します。
それでもシーカヤックの姿になって来ました。
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

@UmiwowataruKaze

Author:@UmiwowataruKaze
本名:竹内一孝
高知県出身で宇和島市在住。仕事は自動車保険、火災保険など損害保険の代理店をしています。最近の趣味はカヌーやカヤックを手作りしたり、サイクリングや山歩きをしています。

FC2カウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

シーカヤック再乗艇練習in由良半島

2016年夏に手作りしたシーカヤックに、沈没した後、海上でシーカヤックに再び乗り込む練習をしている様子をビデオにしました。

初めての手作りシーカヤック制作全工程

2016年夏に初めて手作りしたシーカヤックの製作工程をまとめた動画です。

テニスのサーブ

何年か前にテニスのサーブ練習を撮影したものです。このブログの管理人のほけんやさんです。

場所は宇和島市祝森の石丸運動公園のテニスコートです。

トピックス

コマを掌上で回して綱渡り・・・

2014の1月に三女に撮影してもらいました。

リンク
最近のコメント
最近の記事
私の故郷、下ノ加江

「ほけんや」の生まれ育った土佐清水市下ノ加江の写真を、フォト・ストーリーにまとめました。

FXならここ!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。