四国のかたすみで・・・

四国の城下町・宇和島から日々想うところを書き綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇和島の背後にそびえる鬼ケ城山系を歩く

2017年9月2日(土曜日)
クリックお願いします(^_^)v日本ブログ村・地域生活ブログ・四国情報ランキング日本ブログ村 地域生活ブログ 四国情報へ クリックしてねm(__)m


いきなり宇和島市街地と宇和海の絶景が出て来ましたが、

今日は鬼ケ城山系を歩きました。

下の写真の正面は四国の西側の海で宇和海と呼ばれます。



宇和島は四国の西に位置し、西側を宇和海に、

背後の東側を鬼ケ城山系に守られています。

今日は海抜1000m辺りを水平に走る、スーパー林道まで車で上がりました。



宇和島市街地の絶景は、スーパー林道の上の写真の案内板から200m降った、

尻割山の山頂にあります。

尻割山の山頂と言っても、山の斜面という感じの場所で、見晴らしの良い場所です。



更に案内板から1キロ程走ると上の写真の広い場所「鹿ノコル」に来ます。

ここは鬼ケ城山系の登山口でもあります。

具体的には、ここから鬼ケ城、八面山、三本杭、高月山に登る人が車を置く場所です。



上の案内板から森に入ります。

鬼ケ城山の北側から入り、東側を迂回して南側の峠に出る感じです。

スーパー林道の裏側を回る感じですか?



写真のように、南側に出るまで山の斜面を通る山道です。

水平に歩いている感覚ですが、正確には上りで、

南側の峠「猪ノコル」はスーパー林道より高い位置にあります。



途中にこんな案内板が。。。滑床渓谷から登って来られるようです。

今日は鬼ケ城の山頂には登らないので、そのまま真っ直ぐ歩きます。



そして東側の山道を南に抜けると、

南側の峠「猪ノコル」に到着しました。

ここは鬼ケ城山と大久保山との間の1番低い尾根伝いになります。

ここで少し休憩です。スタート地点からは40分位は歩いていると思います。



上の写真は歩いて来た道の方角です。

休憩していると人の声が。。。

1つ上の写真の山影がV字形になっている辺りから人が現れました。

お二人でご夫婦のようです。現れた方角の下にはスーパー林道が通っています。

そうか?鬼ケ城に登らないなら、

林道から直接に猪ノコルに来るコースも良いかも。。。



猪ノコルから尾根伝いを大久保山に向かい登り始めると、

この案内板がありました。

ここで大久保山の山頂への道と、

大久保山の西側の斜面を歩く道に分かれています。

山頂には向かわず、分かれ道を西側の方へ。。。



すると道が見えない程の茅(カヤ)が生い茂っていました。

実は私は海水パンツで歩いていたのです。

ヤバイ、ヤバイ、普通に歩いたら脚が傷だらけになります。



西を向くと権現山の向うに宇和海が見えます。

赤い矢印、先週、シーカヤックで渡った無人島の黒島も見えます。

前回歩いた御在所山と違い、

海抜が1000Mあるので蚊などの虫は全く寄って来ません。



暫くすると上の案内板の場所に出ました。

大久保山と八面山(やずらやま)の尾根伝いの峠に出ました。

ここから八面山の方へ歩きます。



森の中では風が吹くと半袖では寒いくらい、

高い所から順に秋は近づいているようですね。

風が気持ち良かったです。



森が開けると八面山の山頂でした。

写真の向こうの右側が三本杭の山頂で、

左側のちょっと見える山は高月山の山頂です。



八面山のこの板の文字は

私が白ペンキを持って来て塗ったんですが、もう薄くなっていました。

八面山の南側(下の写真)には黒尊渓谷があり、

渓谷を囲む山並みが何処までも続いていました。



この渓谷はずっと下って、確か口屋内という所で四万十川の本流に合流します。

つまり、ここに降った雨は遥か太平洋に流れて行く訳で、

ここは四万十川の源流の一つです。



南に歩いていたのを、八面山の山頂からは西へ向きを変え、三本杭を目指します。

八面山を西の尾根伝いに下って行くと下の案内板が。。。

下の見えない方の板のには大久保山と書いてあります。

つまり八面山の山頂を通らず大久保山に行けます。

帰りはこのコースを取りました。



鬼ケ城の東側の登山道は殆どは杉林でしたが、

この辺は広葉樹林です。樹の下は熊笹が生えていました。

広葉樹の方がずっと心が和みます。



尾根伝いに心地よい風が吹き抜けます。

とても涼しいので、この辺りでランチにしました。



私のTwitterアカウントは@UmiwowataruKaze

(海を渡る風)です。

でも実は山を歩いていて思いついたのです。



山を吹き渡る風が、私には「海を渡る風」に感じたのでした。

それが自転車で「しまなみ海道」を走るようになって、

橋の上から風を感じながらツイートする様になり、

今は手作りシーカヤックで、

文字通り海を渡る風を感じながらツイートする様になり、

自分のTwitterアカウントに妙に愛着を感じている今日この頃です。



この案内板がある手前で「猪ノコル」で会ったご夫婦と再会。。。

ランチを済ませた所のようで、案内板の串が森方面に消えて行きました。



案内板の文字が見えない上の板には、

三本杭と書いてあります。そちらに向かいます。

三本杭の山頂への登り坂が始まりました。



坂道を登って森を抜けた所に、

下の写真のゲートが有りました。

これは鹿の被害を防ぐ為に設けられたものです。



説明を読んで、その通りにゲートを開けて、

向こうに抜けた後、また元通りにゲートを閉めます。

三本杭の山頂付近の熊笹とかを鹿から守る為のようです。



ゲートは山頂までに3つ有り、

最後のゲートを抜けると高原の様な丘が広がっています。

歩くと直ぐに三本杭の山頂に到着しました。



あちこち茅がだいぶん茂っていましたが、

全体としては熊笹の高原です。

向こうの山は高月山です。



自撮り棒でセルフィー。。。

四国は山も海も一つのようです。

山頂にも海を渡る風が吹き抜けていました。



遠くに宇和海が見えます。


矢印のところ。。。大久保山と鬼ケ城の間に

先週、シーカヤックで上陸した無人島の黒島が見えました。



右側の山の山頂が鬼ケ城で

真ん中が大久保山で、殆ど高低差がなく繋がっている左側の山が八面山の山頂です。

帰りは左側の尾根伝いに下りて、八面山の山頂に戻らず、

途中から大久保山に抜けます。



来た道を下ります。

尾根伝いの山道も、とても涼しい。。。

傷めている左膝に優しい笹の上を選んで歩きました。



この案内板のところで

尾根伝いに真っ直ぐだと八面山の山頂ですが、

右側の「大久保山手前」の道を選びます。




八面山の斜面を歩き、八面山と大久保山との間の峠に抜ける道です。

熊笹と広葉樹の斜面を暫く歩くと、

下の写真の案内板に辿り着きました。



写真の右側から歩いて来たのですが、


真っ直ぐ写真の道とクロスすると大久保山に登らず、

来るときに通った宇和海に面した表側の斜面を抜ける道、

写真正面の道、つまり右側から来て右折して


坂を登って行くと大久保山です。


後ろの反対側は八面山です。



帰りは大久保山の山頂によります。

上の写真、山頂は見晴らしの良い場所です。

三本杭程は広い高原では有りませんが。。。




三本杭より宇和海がずっと近くに見えます。


正面の半島は、遊子、下波、蔣淵です。

どちら側の海も今年にツーリングしたばかりの海で、

今までよりずっと身近に感じられます。



ここでもセルフィー。。。

大久保山の案内板の白い文字も

私が白ペンキで塗ったんですよ。

もう薄くなっていますね~!

背景は宇和海と反対側の三本杭の山頂です。



上の写真の左は鬼ケ城山系で1番高い高月山、

右は2番目に高い今日行った三本杭です。

どちらに降った雨も四万十川を通り太平洋に抜けます。

この辺りは四万十川の源流の一つなのです。



大久保山を下り、猪ノコル。。。

猪ノコルから鬼ケ城の裏を歩き、

写真の右側から抜け出すと車を置いていた、

スタート地点の登山口、鹿ノコルです。



鹿ノコルのベンチのところから、九島と宇和島市街地が見えます。

今日は良く歩きました。ヘトヘトで~~す。


スポンサーサイト

テーマ:宇和島地域情報 - ジャンル:地域情報

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

@UmiwowataruKaze

Author:@UmiwowataruKaze
本名:竹内一孝
高知県出身で宇和島市在住。仕事は自動車保険、火災保険など損害保険の代理店をしています。最近の趣味はカヌーやカヤックを手作りしたり、サイクリングや山歩きをしています。

FC2カウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

シーカヤック再乗艇練習in由良半島

2016年夏に手作りしたシーカヤックに、沈没した後、海上でシーカヤックに再び乗り込む練習をしている様子をビデオにしました。

初めての手作りシーカヤック制作全工程

2016年夏に初めて手作りしたシーカヤックの製作工程をまとめた動画です。

テニスのサーブ

何年か前にテニスのサーブ練習を撮影したものです。このブログの管理人のほけんやさんです。

場所は宇和島市祝森の石丸運動公園のテニスコートです。

トピックス

コマを掌上で回して綱渡り・・・

2014の1月に三女に撮影してもらいました。

リンク
最近のコメント
最近の記事
私の故郷、下ノ加江

「ほけんや」の生まれ育った土佐清水市下ノ加江の写真を、フォト・ストーリーにまとめました。

FXならここ!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。