四国のかたすみで・・・

四国の城下町・宇和島から日々想うところを書き綴ります

氾濫する脂肪燃焼に有酸素運動20分以上というデマ・・・

3月3日(火曜日)
クッリクお願いします(^_^)v日本ブログ村・地域生活ブログ・四国情報ランキング3位です。
にほんブログ村 地域生活ブログ 四国情報へ←クリックしてねm(__)m

FC2ブログ 四国情報ランキングでも健闘中!!(~_~;)
←クリックしてね(*^_^*)

ダイエットに関する全くのデマ・・・

世の中に氾濫していて間違っている情報というのは、結構多いものですが、最近の健康ブームに乗って、減るどころか常識のように扱われているデマに今日のタイトルのようなのがあります。

すなわち、ダイエット番組やCMなどで良く引き合いに出される「身体の脂肪が燃焼する為には20分以上の有酸素運動が必要」というものです。

脂肪燃焼に20分以上の運動の嘘・・・
脂肪は有酸素運動を始めて20分過ぎてから燃焼を始めると、健康器具やサプリメントのCMで良く話されています。ダイエットの番組なども20分以上の運動を進めるものが多いです。

しかし、これは全くの勘違いです。そんな根拠は何処にもありません。ネットでも検索すると、アチコチに書かれていますが、誰が言いだしっぺか何方か知っていますか?

何処に根拠があるのか?何処にも書かれていません。実は数年前、いやもう10年近く経っているかもしれませんが、このことにNHKの番組が触れていました。

元々は心肺機能の向上・・・

すなわち、何故まことしやかに「脂肪が燃焼する為に有酸素運動が20分以上必要」という事が言われ始めたのかと・・・・。

これは「心肺機能の向上有酸素運動が20分以上必要」が元々の話であったようです。これはアメリカの何処かの学会で発表がなされたそうです。

元々は心肺機能の向上にエアロビクスなどの有酸素運動が有効で、特に20分以上続ける時にその効果が見込まれるそうです。

何故、脂肪燃焼のデマが広まったか?

このエアロビクスなどの運動をする事が、心肺機能の向上の為だけでなく、ダイエットを目的とする人々にも好まれた為に、いつの間にか「心肺機能の向上」という文言が「脂肪の燃焼」という言葉に置き換えられて使われ始めたようです。

心肺機能自体は、生きていれば誰でも使っています。しかし、ある程度の運動負荷をかけないと、向上はせず、現状維持か運動不足の場合は低下します。青年期を過ぎても少しずつ低下します。

例えば無酸素運動は息を止めるため、肺は全く使いません。思いっきりジャンプとか、全力疾走とかです。一瞬であれば肺も心臓も強くならない訳です。

有酸素運動と心肺機能・・・
有酸素運動すれば筋肉で大量の酸素を使い二酸化炭素が出来ます。その二酸化炭素を血液が受け取り、心臓の力によって肺まで戻し、そして多くの酸素と交換してまた筋肉に運ばなくてはなりません。

普通の生活では、沢山の酸素は消費しないので、肺にも心臓にも負荷はかかりません。しかし、エアロビ程度の運動なら、負荷をかけながら案外長時間行なえます。

そうすると、いつもより沢山の酸素を運んで、二酸化炭素を排出しなければなりません。結構負荷がかかり心臓や肺の機能が向上するという訳です。


ある程度、持続可能な運動で結びつく・・・

この機能向上には、筋肉、血流、心臓、肺などを巡る循環機能が働く、ある程度時間が必要な訳です。それが20分以上という訳です。

これが階段を使う、腕立て伏せ20回とか程度だと、一部の筋肉に負荷がかかっても、血流、心臓、肺などの一連のサイクルを一定時間使わないので、心肺機能の向上には繋がらない訳です。

そして20分以上続けるのには、エアロビや少し汗ばむ位のウォーキングとか、軽いジョギングがいいという訳です。そしてその運動がダイエットにも効果があるので、いつの間にか脂肪燃焼と結びついたと思われます。

1回の運動の時間は関係ない・・・
しかし、脂肪の燃焼には、極端な話、食べなければ身体に蓄えられた脂肪は自然に燃焼し消費されます。従って脂肪の燃焼には運動は必ずしも必要はありません。

従って脂肪燃焼に有酸素運動が20分以上必要というのは、なおさら全く根拠がないだけでなく、間違っています。

階段の上り下りでもOK

ダイエットや脂肪燃焼には、体が消費するエネルギーより、身体に摂取するエネルギーを少なくすればいいのです。単純な足し算、引き算の問題です。

摂取するエネルギーを減らせない人は、消費するエネルギーを増やせば良いのですから、運動の時間は5分でも、1日に何回にも分けて1時間運動して、摂取するエネルギーより、消費するエネルギーが増えれば、脂肪は燃焼して痩せるのです。

非常に単純な話です。エレベーターを使うのを、階段にすればそれだけエネルギーを消費します。摂取するエネルギーを減らし、消費するエネルギーを増やせば痩せるのです。

しかし、単に足し算、引き算だとダイエット出来ても、健康に良い事にはなりません。それは前もってお断りしておきます。
スポンサーサイト

テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

*** TRACKBACK ***

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

■ ここんところBMI値が・・・(「痩身」という趣味)

 最近BMI値が気になって仕方が無い私です。 http://www.health.ne.jp/check/bmi.html (healthクリニック「BMI(肥満度)計算ツール」)  上のページで調べたら、「身長175センチ・体重75.5キロ」でBMI値が24.65、ギリギリ適正値の上限なんですよ。(「ひと...
2009/10/23(金) 23:56:24 | Eduma‐Labo 分室
プロフィール

@UmiwowataruKaze

Author:@UmiwowataruKaze
本名:竹内一孝
高知県出身で宇和島市在住。仕事は自動車保険、火災保険など損害保険の代理店をしています。最近の趣味はカヌーやカヤックを手作りしたり、サイクリングや山歩きをしています。

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

シーカヤック再乗艇練習in由良半島

2016年夏に手作りしたシーカヤックに、沈没した後、海上でシーカヤックに再び乗り込む練習をしている様子をビデオにしました。

初めての手作りシーカヤック制作全工程

2016年夏に初めて手作りしたシーカヤックの製作工程をまとめた動画です。

テニスのサーブ

何年か前にテニスのサーブ練習を撮影したものです。このブログの管理人のほけんやさんです。

場所は宇和島市祝森の石丸運動公園のテニスコートです。

トピックス

コマを掌上で回して綱渡り・・・

2014の1月に三女に撮影してもらいました。

リンク
最近のコメント
最近の記事
私の故郷、下ノ加江

「ほけんや」の生まれ育った土佐清水市下ノ加江の写真を、フォト・ストーリーにまとめました。

FXならここ!!